カイテキオリゴについて

妊娠中の頑固な便秘がスッキリ解消する!カイテキオリゴとは?

 妊娠中でもスッキリ便秘解消する、と口コミで評判の「カイテキオリゴ」の原料は、

ビート(甜菜)から採れます。

ビートから抽出・精製された天然のオリゴ糖です。


「オリゴ糖」と聞くと、シロップ状の甘味料いうイメージがありますが、

実際オリゴ糖は30%程度しか含まれていません。

カイテキオリゴ大きさ
「カイテキオリゴ」は成分の98%が天然のオリゴ糖で、

オリゴ糖の合成製品ではありません。

世界を見回しても、これだけ高純度結晶のオリゴ糖はどこにもありません。


「カイテキオリゴ」のオリゴ糖の正体は、「ラフィノース」という成分です。

ラフィノースは、ヒトの消化管内ではその大部分が消化酵素により

分解や吸収されることなく、大腸まで到達します。

ラフィノースは腸内にいる善玉菌・ビフィズス菌、乳酸菌の好物です。

えさを得た善玉菌は数を増やし、腸内は善玉菌優位の状態になります。

よって整腸作用が活発化し、便通がよくなって妊娠中のおなかもスッキリできます。


カイテキオリゴコーヒーに入れる 「カイテキオリゴ」は、白い粉末状で粉糖のような形状です。

味にくせはありませんが、ほんのりと甘い感じがします。

でもその甘さは砂糖の5分の1程度で、コーヒーや紅茶の砂糖代わりにもおすすめです。



【砂糖とカイテキオリゴの比較】

砂糖 カイテキオリゴ
甘さ 砂糖=1とすると 砂糖の1/5
カロリー 5g=20Kcal 5g=8.7Kcal


カロリーは 「カイテキオリゴ」100g当たり、175キロカロリーです。

大人が飲む1回分の目安約5gの場合、約8.7キロカロリーです。

普通の砂糖は、1gあたり約4キロカロリーくらいですので、

同じ5gでは約20キロカロリーですので、オリゴ糖が低カロリーなのがお分かりいただけると思います。

「カイテキオリゴ」は、そのまま食べることもできますし、

コーヒーやお茶など飲み物やヨーグルトに混ぜたり、

米に混ぜてご飯を炊く、料理に混ぜたりなどしても味付けの邪魔をしません。

「カイテキオリゴ」は健康食品であり、

薬ではありませんので、妊娠中でも安心して食べることができます。


【カイテキオリゴの特長】
成分 ■成分の98%が天然オリゴ糖=純度が高い
なぜ便秘解消に役立つの? ■ラフィノースが腸の働きを活発にする
=便秘解消に役立つ
形状 ■白い粉末状、見た目は片栗粉に似ている。
におい なし
ほのかな甘さ
カロリー ■100g=175キロカロリー
■大人1日の摂取目安量10g=17.4キロカロリー
カロリーが気になる妊娠中でも大丈夫です!
飲み方 ■コーヒーやお茶に入れる
■ご飯と一緒に炊く(10g程度入れる)
■料理やヨーグルトに混ぜる