なぜ便秘になるの?

妊娠中、なぜ便秘になるの?

 妊娠中はどうして便秘になるのでしょうか?

私も2度出産経験がありますが、いずれも便秘で悩まされました(^^;

とにかく出ない!!出てもコロコロ便しか出ない!つらい苦しい…

男性にはわからない悩みでしょうね・・・

【妊娠中便秘になる原因】
妊娠中便秘の原因

妊娠中の便秘、特に妊娠後期に頑固な便秘に陥るという話をよく聞きます。

まず原因の一つとして、黄体ホルモンの分泌が活発になることが挙げられます。

胎盤から分泌される黄体ホルモンによって、腸の働きが悪くなり、

便秘になりやすいのです。

ちなみに生理前にしつこい便秘になる(←私のことです)という場合も、

原因は同じく「黄体ホルモン」の分泌が活発になるためです。


【黄体ホルモンについて】

 妊娠中、黄体ホルモンは初期のころから活発に分泌が始まります。

黄体ホルモンが、体に水分や塩分をためこむように指示を出すと、

大腸の腸壁から便の水分が吸収されるため、便が硬くなって出にくくなります。

さらに黄体ホルモンは妊娠中、流産しないように子宮筋の収縮を抑制するはたらきもあるため、

腸を動かす筋肉にも影響を及ぼして、腸の動きが鈍り、いっそう便が出にくい状態になってしまいます。

【子宮が腸を圧迫する】
 妊娠中の便秘の原因

妊娠後期は同時に、お腹の赤ちゃんもだいぶ大きくなってくる時期です。

胎児の成長に伴って、子宮もどんどん大きくなり、腸を圧迫し始めることから、

妊娠中の便秘の原因となります。

 また男性に比べて筋肉が弱いことも、女性に便秘が多い原因のひとつといわれています。

腹筋が弱いために、大腸が便を送り出す力が弱いのです。

筋力が弱いうえに、妊娠中のいろいろな条件が重なりあって、便秘になり易いと考えられます。

硬い便を軟らかくするならカイテキオリゴ
毎日続けることで便が出やすくなっていきます。詳細はこちら↓↓